STAFF

HIRONORI

KOMATSU

Q & A

小松 廣範

製造課
製造

野口作業所

01

入社してからの振り返り

学生時代からモノづくりに興味があり、オークラグループに関係のあった父の紹介もあってオークラ工業に入社しました。
ここでは製缶という職種で働いているのですが、職人技ということもあり、入社後間もない頃は失敗ばかりで、先輩方にかなり迷惑をかけてしまいましたが、その度に丁寧に指導してもらい少しずつ仕事を覚えていくことが出来ました。
製缶とは鋼材の加工から溶接、仕上げ作業までを行うので、個々のセンスと技術のいる仕事です。難しい仕事をこなし、良い製品を作ることにやりがいを感じ仕事に打ち込んでいます。

 

02

意識して取り組んでいること

入社10年目となり後輩も増えてきたので、社会人としての常識を常に意識し、技術の伝承を行い、私自身も常に向上心を持ち、さらなるスキルアップを目指しています。
また、他部署の方々ともしっかりコミュニケーションをとり、仕事の効率を上げられるよう取り組んでいます。
溶接に関しても、溶接のセミナーに積極的に参加し専門的な知識を深め、年に一度の溶接競技大会にも参加し、他の企業の技術を見て自身の溶接技術向上に活かしています。

03

オフタイムの過ごし方

体を動かすことが好きなので、夏はスキムボードをしたり、海や川でBBQをします。秋になると姫路の秋祭りに参加しています。冬には、スノーボードに行きます。多い時は週一回のペースで行っていた時もありました。又、バレーボールのチームを作り、毎週1回中学校の体育館を借りて汗を流しています。DVD鑑賞も好きなので、時間があるときは1日で4・5作品を観ることもあります。

OTHER Q&A