STAFF

ANNA

MIKURA

INTERVIEW

三倉 杏南

制御設計課
制御設計係

自分自身のためにも
仕事を楽しむ。

自分の設計で思い通りにモノを動かせると面白い。
難しい仕事も最後は自分のチカラになります。

女子大生から制御設計への進路

私は同志社大学の理工学部を卒業しました。専攻科目は電気工学科で、制御の勉強ではなく電気系の勉強をしていました。
就活中に同じ学部の友達と名古屋のトヨタ産業技術記念館を見に行ったことがあり、そこでは機械がガチャガチャ自由に動いているのを見て面白いと感じ、私も機械メーカーに就職したいなと思いました。様々な機械メーカーがありましたが、大学の授業で少し学んだシーケンス制御がどうしてもやってみたくて、それが可能なオークラ工業に志望しました。
シーケンス制御というのは、機械を動かすソフトの設計の一つですが、ラダー図という図面がそれの言語になります。自分の思い通りにモノを動かす事が面白いのと、搬送機の設計を通じて色んな業界と繋がれると思えたのが理由です。

自分の仕事の特長

オークラ工業に入社してからは、制御盤内の配置や配線を描くハード設計やシーケンス制御のラダー図を設計しています。
今は親会社オークラ輸送機の仕事をメインで任せて頂き、機械の動作確認まで行っています。問題なく動く姿を見ると安堵と達成感が湧いてきます。

今の自分に至るまで

幼い頃から図工とか折り紙が好きで、モノづくり全般が好きなんだと思います。機械メーカーを目指したのも、設計の道を選んだのも、カタチあるものを造ることが出来るからでした。
今はオークラ輸送機の仕事がメインなので、オークラ輸送機の担当の方との打ち合わせをして、設備を確認して、図面に書き起こしています。仕様通りに図面が正確に書く事ができて、担当の人が喜ぶ顔が私の原動力になり、自身で設計制御してモノが動くのを見るとやりがいを感じます。

会社の魅力

私が感じる一番の魅力は上司や先輩です。入社当時、覚えることが多く仕事をこなすのに必死で戸惑っている時、先輩や上司の方がお忙しい中、仕事の手を止めて丁寧に仕事の手順を指導して下さったことや自分が何を描いているのかよく理解しないまま教えてもらった通りに図面をおこしているとある日、「なぜそうなるのか理解することが成長につながる」という言葉を頂きました。それからは納入先でどのようなものを作っているのか、使用する部品の特徴などを自分で調べることを心掛けました。すると、自分がどんな機械を作っているのかを考えながら図面を描くようになり、モノづくりに携わっていると感じることが多くなりました。
指導いただくだけでなく、自主性に任せて考える力を育む環境が備わっていることを体験しました。

オフタイムのこと

最近はまっている手芸をしています。お花の刺繍を施していて、細かくて集中できる難しい作業が好きで気分転換にもなりすごく楽しいです。

OTHER INTERVIEW